さくら風味のルイボスティー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

東京で桜が開花したそうです。

桜って、何だか特別な存在ですよね。美しいというだけでなく、不思議と命の営みを感じるというか、例えば咲き誇る桜は溢れんばかりの躍動感、散る桜は命の儚さのようなものを感じることがあります。

なぜか、身近な人の最期が近付いているときなどに「来年の桜は見られないかも」と思ったりしますよね。秋の紅葉もそうですが、桜は特にそうですね。もちろん個人差はあると思うんですが、少なくとも私はそう感じます。

さて、アロマテラピーの世界でも、素敵な桜を感じられるものがあります。

ルイボスさくらです!

ルイボスティーは抗酸化作用が強く、健康にいいお茶です。味も癖がなく、飲みやすいです。
そこに、桜餅の葉っぱのような風味がほんのりと加わり、とてもおいしいお茶となっています。

教室に来てくださっている生徒さんにも、評判がいいです!

皆さんも、ぜひお試しあれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする